説得力のあるスライド

上司を納得させる資料作り

こんばんは、ありけんです。

今回は、スライドの書き方について、
記事にしておこうと思います。

といっても、正直、企業や上司によって、
かなり、”色”は違ってきます。

なので、基本構成だけ、参考にしてもらえれば、
より、説得力があがると思いますので、
ぜひ取り入れてみてください!

今までも多くの方々が、こういったテーマは、
コンテンツに落とされているかと思います。

例えば、この記事・記事内コンテンツは参考になるかと思います。

同じことを言っても価値は出ないので、
ここでは、
「外資系戦略コンサルで鍛えたスライド作成力」を、
「大企業の役員や経営会議・予算審議にカスタマイズ」する時に、
注意する点をメインに書いていこうと思います。

30代、40代の中間管理職の方は、日々頭を悩ますこともあると思います。

少しでも参考にしてもらえれば、嬉しいです!

大企業の会議体向けスライドの基本構成

この記事では、ここの1枚のスライド内の基本構成に、
特化して、書こうと思います。

さて、どれでもいいので、今まで、
自分で作成したスライドを1枚でいいので、
見てみてください。

そのスライドは、以下の質問に簡潔に、答えられていますか?

「何が言いたいの?」

「それで?」

・・・

きつい質問ですよね。

ただ、これを意識することで、
説得力が何倍にも向上します!

それはそうですよね、

言いたいことを、しっかり伝えられる、
説得の第一歩です!

それでは、スライド構成ですが、
最も多いスライドは、以下のようなものですよね。


図1.一般的なスライド構成

では、どのように気をつけるか、
簡単に留意すべきと思うところを書くと、こんな感じです。

図2.スライド作成の留意点

タイトル

ここで、このスライドにて、言いたいことを書きましょう。

例えば、
「2018年度 予実評価」
のようなタイトルを付けた場合、
資料作成者が何を言いたいのか、
よくわかりません。

もし2018年度が計画通りに進んだのであれば、
「2018年度:年度当初の計画値を達成」
とした方が、各段に言いたいことは伝わります。

Body

数々のスライドを見てきましたが、
タイトルの説明ができていないBodyが多いですよね。

予算の説明等は、比較的簡単かもしれませんが、
新規プロジェクトのコンセプト説明とか、
プロジェクトのスキームとか、
少し難しい説明内容になると、
とても相手に理解してもらえないような、
Bodyになっていることが多いです。

ここはぜひ、「タイトル」を説明できるような、
定性・定量データを意識して、書いてみてください。

コンセプト説明の場合は、
コンセプトを最小要素に分けて、
その要素を一つ一つ説明してあげてください。

体裁

フォントについては、見にくくなければ、
なんでもいいとは思います。

自分は、よく
日本語:MS P ゴシック、
英語:Arial
を使っていますが、
このあたりを参考にしてみてください。

フォントサイズに関して。
役員の方は、視力がよくないことが多いです。

大きければ大きいほどいいです!

目安としては、
タイトル 28以上、
Body          20以上、
ですかね。

基本構成に関しては、こんなとこですが、
言いたいことはいっぱいあって、
むやみやたらに記載することはNGです。

タイトルの言いたいことを、
Bodyでシンプルに補足してあげることが、
もっとも伝わるスライドになります。

ぜひ、参考にしてみてください。

有栖ケンタ

コメント