働き方改革を考える①

働き方改革

働き方改革!

ここ最近、おそらく多くの人が耳にしていることだと思います。

個人事業主の方や、主夫・主婦の方、学生の方など、
関係ないと思っている方も多いかと思います。

しかし!!!
当事者となると、思うことはたくさんあるのです。

不当に残業させられたり、パワハラ・セクハラなどハラスメント、
非正規労働者の待遇など、問題はつきません。

労基法含めた、働き方改革関連法案は、こちらを参照してもらって、
この投稿では、いち当事者として、
「こうすれば改善されるのでは?」といったアイディアを
記載しますね。

近いうちに、対談形式で、アイディアを披露する場も用意する予定です。

働き方改革担当者、人事の方は、使えそうなものがあれば、
使いまくってくださいw

そもそも働き方って?

これ、思いません?

なので、ここでは、こんな観点で定義しようと思います。

労働価値 = 働く時間 × 労働者数 × 働き方

次元としては、以下を想定してもらえればいいのかと。

労働価値 ≒ 企業にとっての利益   → [円]  (日本を想定してますw)
働く時間 ≒ 個人が働く時間     → [h]  (hour、時間)
労働者数                 → [人]  (企業の在籍者数)
働き方  ≒ 人・時間あたりの価値  → [円/h/人] (時間あたりに個人が生み出す価値)

こう考えると、実は整理しやすいかもしれません。

働く時間は、労働基準法によって、決められていますよね。
もちろん、残業の程度等あるかもしれませんが、
固定値と見立てることができそうです。

また、労働者数も、一旦固定値にしておきましょう。

ということは、働き方改革とは、以下の2つに論点が絞れます。

① 労働価値をどこに設定するか

② 時間あたりに個人が生み出す価値をどこまで高められるか
 
それぞれ、深堀りしていきましょう。

労働価値をどこに設定するか

実は、個人に求める労働価値を定量的に設定するって、
かなり難しいことかと思います。

職種によっても異なるし、
携わるビジネスのステータス※によっても変わってくると思います。

※新規事業の立上時、衰退事業のエグジットなどなど

ただ、こんなフローで考えていくと、
設定しやすくなるかもしれません。

A. ビジョン・ミッションを設定

「会社が何を目指していて」=ビジョン

「社会に何を貢献するのか」=ミッション

B. トップがビジョンを因数分解

(ビジョン例)
 「〇年後に、〇〇の分野のリーディングカンパニーになる」

(因数分解例)
  「〇年後に、〇〇の分野のリーディングカンパニーになる」
 =(〇〇の分野での売上を〇〇億円にする)
 =(〇〇の分野の顧客を〇倍に増やす)×(〇〇の分野の購入単価を〇倍に増やす)
 
C. それを社員全員に浸透させる

 B,で分解した因子を、各部に割りあてる

(例)
 (〇〇の分野の顧客を〇倍に増やす)   →→ 営業部
 (〇〇の分野の購入単価を〇倍に増やす) →→ 技術企画部・製造部

D. 各部のマネージャーが、Cの内容を個人へさらにブレイクする

(例)
 (〇〇の分野の顧客を3つ増やす)   →→ 営業部のAさん

E. 個人にブレイクした労働価値を、周囲と共有しておく

(例)
 営業Aさんの今季の目標は、〇〇です。
 製造Bさんの今季の目標は、〇〇です。
 ・・・何か、意見のある人はいますか?


多くの企業は、”目標設定”といって、
各期ごと、個人ごとに行っていると思います。

ただ、この”E”の工程が抜け落ちてたりしませんかね?

「〇〇さん、何しているのかわからない」
「なんで自分だけこんなつらいのか」
などの意見・愚痴があったりしませんか?

Eができていれば、和らぐとは思いますが。


このように、個人に設定した、達成すべき「労働価値」。
これを集積することで、企業は成り立ちます。


実際に、この労働価値を築けない問題はどこか、などは、
人事制度等と絡めて、また別の機会にでも書きますね。


時間あたりに個人が生み出す価値をどこまで高められるか?

働き方改革のメインはここでしょう。

労働生産性とも言われますよね。


※本来、労働生産性を因数分解して、
各因子ごとに策を記載しようと思いましたが、
なかなかいい数式が思いつかなかったので、
うまく整理された方がいましたら、ご紹介ください。


ただし、前述した数式が成り立つことが大前提ですので、
決められた労働時間・労働者数に対して、
どこまで労働価値を上げるのか、の設定の方が先です。

こここそ、重要で、経営者・株主の腕の見せ所でしょう。

背伸びして労働価値を作る場合、
どの部分を外からもってくる(M&Aとか)等、
明示すべきですよね。

それでは、個人あたりの労働価値が、
リーズナブルな範囲で設定できたとして、
決められた時間内に、どうやって適えていくか、
皆さんならどういう戦略を立てますか?

以下の観点で、考えてみてはいかがでしょうか?

①従来の戦略を試す
②独自の戦略を試す

まぁ、考えますよねw

よくあるのは、独自の戦略しか試していないとか、
独自の戦略だと思っていたら、周囲に経験のある人が多くいたとか、、、

なので、①、②のように整理して、戦略を立てて、
それを上司・周囲と共有することも大事かと思います。

前述のE.の工程の後に、
各個人が設定した”働き方(戦略)”を、
上司・周囲と共有しておくと、より健全な職場になりそうですね。

従来の戦略

従来の戦略って?と、思うかもしれませんが、
これは、上司直伝のやり方・周囲のやり方のことですね。

もちろん、効果があったものを選ぶべきです。

間違っても選んではいけないのは、
実績も何にもないのに、
「営業とは、こういうもんだ」とか、
「こうすべきだ、こうしろ」とか、
”主観”に頼った戦略です。

同じ失敗をします・・・w

例えば、顧客を3つ増やせ、という課題に対して、
同じように顧客を増やした経験のある人は、
周囲にいくらでもいるはずです。

そういった人のやり方を、「徹底的にまねする」
これが、従来の戦略です。

実績があるので、かかった時間や、
どういうことをやればいいかなどを、
事前に把握することもでき、
労働生産性は向上するでしょう。

独自の戦略

従来の戦略だけでは、さすがに、
物足りない、つまらない、自分の色を出せない、
ですよね。

徹底的にまねしたとしても、結局、
どこかは自分のやり方に変わっていき、
オリジナルで、効率のよい働き方はできるとは思いますが、
独自戦略を駆使したい、場合には、
「仮説」をつくってください。

そして、その仮説を上司に話して、
納得させてください。

この作業を怠ると、
生産性が上がらなかったとき、
なんでそんな方法でやったんだ、とか、色々怒られますw

「仮説」を作るというのは、
自分自身のアクションに落としやすくする、
自分の考えを周囲に見えるようにする、
「仮説」そのものをブラッシュアップできる、
など、メリットが多いと思いますので、
ぜひ試してみてください!!!


従来戦略と、独自戦略を組み合わせれば、
かなり効率的に働くことができると思いますが、
時に、設定した労働価値につながらない仕事を、
求められることもあるかと思います。


本来ナンセンスですよね。

その行為自体をやめることが、働き方改革だと思いますw



その他、労働生産性を上げられるだろう、
仮説などを以下にあげておきますね。

出勤・移動時間削減

出勤・移動時間はコストです。
細かく言うと多々ありますが、
人はロボットじゃないですからね、
働くと疲れるし、嫌にもなるし、
リセットする時間も欲しいんです。

例えば、出勤に、片道1時間かかるとしてください。
しかも、満員電車に揺られて。。。

疲れて、会社につきますよね。

これでは、いくら戦略的に働いても・・・

そもそも、その出勤、必要ですか?

スタンプラリー撲滅

大企業にありがちですが、一つの決裁をとるのに、
いくつスタンプを集めればいいの?

決裁権は、委譲していこうよ。

上司のひまつぶし撲滅

暇なら帰ればいいんです。
こちら、話してる時間ないんです。

犯人捜し

自分が責任を取りたくないから、誰が悪いんだとか、
いつ、なんていったのか、とか。。。

いやいや、そんなことして何になるの?
責任者はどういう経緯であれ、あなたですよ。

会議という名の雑談

メールでよくない?
って、内容ばかりじゃない?


かなーり、長文になってしまいましたが、
この辺でw

まぁ、働き方改革の意義は、
「みんなハッピーになること」だから、
みんなを敬うことから初めてもいいかもしれませんね。

上司はプライドと過去の栄光を捨てて、部下と向き合う、
若手は、自分よがりの意見を一旦捨てて、上司の意見も聞いてみる、
思いのほか、いい職場ができるかもしれませんね!


他にも多々あると思いますので、
ぜひコメント、ツイート(@ariken_ariken)ください!

まず、自社に取り入れる動きをしますw


有栖ケンタ


コメント