最強サラリーマン の在り方

最強サラリーマン
サラリーマン

最強サラリーマン というと、どのような人たちを思い浮かべますか?

そもそもサラリーマンってだけで最強じゃない、とか、

サラリーマンは最低、とか、

ネガティブな意見も多いかもしれません。

 

ここでは、個人的な見解をベースに、最強サラリーマンを定義して、

このままでいいのか?と思い悩むサラリーマンや、

サラリーマンをベースにして、飛躍したい人たち、

時にはサラリーマンではない人たちにも、

何らかの参考になれば、嬉しいです。

 

サラリーマン の定義

これは、多くの人が認識しているように、

どこか企業と雇用契約を締結し、給与所得をもらっている人」になります。

役員や、医者・弁護士などの専門職は、サラリーマンには含みません。

 

民法623条にも記載されていますが、

いわゆるサラリーマンは、自らの労働を提供する代わりに、給与という対価をもらう、

契約を締結しているわけです。

※ここでは、労働契約は除きます。

 

その時に、細かい労働条件を設定しているわけですが、

この契約は、簡単には解除されるものではありません。

もちろんよっぽどのことがない限りですが。。。

 

サラリーマンのメリット・デメリット

このように、雇用契約を締結している場合、

どんなメリット・デメリットがあるでしょうか。

メリット

一般的なメリットを列挙すると、以下の感じでしょうか。

  • 安定した収入
  • 社会的信用(クレジットカード・融資審査とか)
  • 個人では作れないであろう人脈形成
  • 個人では従事できない規模の大きい仕事に携われる
  • OJTによるスキル/キャリアアップが望める
  • 同僚がいる・仲間/友人ができる
  • 業績がいいとボーナスがもらえることがある
  • 出張の空き時間を楽しめる

デメリット

近年はデメリットが強調されすぎているような気もしますが、どうしても、”課せられる労働”の一部になってしまっていますよね。

  • 無駄/つまらない仕事・作業・会議が多すぎ
  • 場を問わず、上司や周囲への忖度が必要すぎる
  • 給与が足りなくても、すぐには上がらない
  • 爆益も望めない
  • 周囲が無能すぎるとスキル/キャリアアップが望めない
  • 会社倒産の場合のリスクがある

 

また、労働条件以上の労働をさせられ、正当な対価が支払われないような、いわゆるB企業の場合は、契約違反になりますよね。

その場合は、すぐに改善を求めたり、他の雇用を求めることを勧めますが、ここでは、

課せられる労働(労働条件) ≒ 労働対価 として、記事を作っていきます。

メリットの極大化とデメリットの極小化

まさにこれが大事ですよね。

サラリーマンでなくとも、デメリットはあるわけで、それをいかに極小化できるか、

そこが重要だと思います。

 

ドクターX ~外科医・大門未知子~というテレ朝のドラマがあるのですが、

そこで、米倉涼子演じる大門未知子は、「致しません」といって、

医師免許を持っていなくてもできる仕事をしないと、きっぱり周囲に言いまくる、

見ていて非常にいい気持ちの医者です。

我々サラリーマンも、本来は、労働条件に書いていないことは、「致しません」で、

いいのですが、そんなことを言った瞬間、上司からの評価、周囲からの信頼などなど、

なくなりますよね。。。。

 

何はともあれ、「バランス」が非常に大事だと思いますが、

最強サラリーマン になるには、サラリーマンのメリットを最大限に活かすことが重要ですよね!

 

最強サラリーマンの定義

さて、では、どういう状態が、最強サラリーマンといえるでしょうか?

副業時代の今、キャリアを考える にも一部書きましたが、

マズローの5大欲求を満たしている状態 と言えるような気がしています。

 

ここで、もう一度、マズローの5大欲求について、記載しておきますが、

以下の①~⑤になります。

 

① 生理的欲求
…本能的なもの(寝たい、食べたいなど)

② 安全欲求
…危機回避(安全に暮らしたいなど)

③ 社会的欲求
…帰属欲(集団に属したい、仲間が欲しいなど)

④ 尊厳欲求
…承認欲(他者から認められたい、尊敬されたいなど)

⑤ 自己実現欲求
…自分の能力を引き出し創造的な活動がしたい

 

今の日本状況を鑑みて、①、②は適えられていることを前提とすれば、

最強サラリーマンの定義は、こうなるでしょうか?

最強サラリーマン =                              (③社会的欲求を満たす)×(④尊厳欲求を満たす)×(⑤自己実現欲求を満たす)

最強サラリーマンになるまでの道

上記式を満たすには、こんな感じに考えるのがいいのではないでしょうか?

③社会的欲求を満たす

これは、帰属欲がメインです。

サラリーマンであれば、雇用契約により、会社に帰属しているため、

実はこの欲求は満たされていることになるのです。

 

確かに、毎日行くところがあったり、話す相手がいたり、、、というのは、

安心を与えるのかもしれません。

④尊厳欲求を満たす

このあたりから難しくなりますね。

”認められたい”という承認欲を満たすためには、こういうステップを踏むのはどうでしょうか?

  1. サラリーマンのメリットを最大限に活かして、自分の価値をあげる
  2. 価値を評価してくれる”顧客”と繋がる

1. サラリーマンのメリットを最大限に活かして、自分の価値をあげる

いわゆるキャリアアップ・スキルアップですね。

労働従事により得られるスキルや、自己研鑽などで、特殊スキル・資格を身に着けたり、

昇進など出世により、肩書を手に入れたり。

2. 価値を評価してくれる”顧客”と繋がる

1で築いた価値を評価してくれる人・企業から、お金をもらうことです。

例えば、転職、副業ですかね。

転職の場合、「こんなスキルあるなら、これくらいの給料出すから、来てほしい」と、自分の価値を認められることで、成就します。

副業の場合、特殊スキル・専門的アドバイスを必要とする方々に、コンサルをして、その対価をもらうことも可能ですよね。ココナラとか、x-bookのような仕組みも使えます!

 

⑤自己実現欲求を満たす

趣味 ですねw

つまり、好きなことをやれる(=趣味)に没頭できることが重要で、

そのためには、多少のお金を手にする必要があります。

 

自分の顧客(雇用契約先や、副業先)から十分な収入が得られていれば、問題ありません。

それを使えばよいですが、おそらく「少し足りない。」という場合が多いでしょう。

そこで!!

投資 が必要になってくるのではないでしょうか?

 

リスクを取りまくって投資する手もあるかとは思いますが、

最強サラリーマン 程度には、そこまで必要ありません。

堅実な投資で十分かと思います。

最強サラリーマンの構成

 

おわりに

最強サラリーマン の定義や、こうすればなれるのでは?という仮説を書いてきましたが、

僕自身、最強サラリーマンになりたいので、その過程含めて、

別記事で、どんどん書いてアップしていきます!!!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

有栖ケンタ

 

キャリアアップはこちら

スキルアップはこちら

転職はこちら

副業はこちら

投資はこちら

コメント