副業時代:サラリーマンの副業って、何が目的?

副業

今まで、
キャリア”そのものの考え方、
30代のキャリア”について、
記事を書いてきましたが、
ここでは、”副業”視点を入れた、
キャリアについて、整理しておきたいと思います。

副業するかどうか悩んでいる人や、
他にどうしようかなど考えている人にとって、
少しでも役に立てれば、嬉しいです。

結論からすると、自分の考え方は、
本業だけでも、副業・兼業しようとも、
”自己実現欲求”を満たせれば何でもいい!です。

 

副業時代の幕開け

もう知っている方も多いかもしれませんが、
平成30年(2018年)1月に、厚生労働省が、

モデル就業規則”を改定し、労働者の遵守事項の
「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」
という規定を削除し、副業・兼業について規定を新設しました(第14章第67条)。

要は、国が推進しているということですね。

国の成長戦略に”個”のレベルアップが、不可欠だと考えていて、
企業が”個”を駒として、閉鎖的に使うのではなく、
よりオープンな環境にして、
”個”を精神的にも、物理的にも、グローバルに開放した、
といったところですかね。

ただ一方で、2018年にモデル就業規則が変更されたからといって、
企業側もそんなにすぐには変われませんw
”個”側と”企業”側のメリットや留意点について、
非常にわかりやすくまとまったガイドラインがあるので、
一読されるといいかもしれません。

”健康面”などメリットだけではないことについてもよく言及されています。

リクルートキャリアの調査では、
副業・兼業を推進・容認している企業は、
30%弱に留まっています。

今後、この数字は伸びていく方向だとは、思いますが、
企業側が就業規則を改訂した時に、
”個”である、みなさんがどう動くのか、
それこそが重要ですよね!

副業解禁しても何したいの?

副業が解禁されたとしても、
「別に今の仕事が嫌いじゃないし」
「興味はあるけど、時間がねぇ・・・」
「今のままで」
みたいな意見も非常に多いと思います。

少し前のデータですが、エン転職のサイトで、
アンケート結果が出ています。

それによると、90%弱の人が興味を持っているにも関わらず、
30%強の人しか実行できていないという結果です。

実際のところは、そうなのかもしれません。

結果にも表れていましたが、
”時間”が二の足を踏む最も大きな理由ですね。

興味の方は、”収入”が80%を越えているので、
ほとんど収入が目的になってしまっています。

では、ここで、一般的な個人の副業に対する、
考え方を一旦整理すると、
【目的】収入
【手段】副業
【武器】スキル(個々で異なる)
【懸念】時間(・体力)
になりますよね。

このように整理された場合、
武器の使い方は合っていないと、
収入に結びつかないのは当然ですが、
そもそも武器を持っているんですかって話にもなってきます。

そこで、一度考えなくてはならないのが、
❶いくら稼ぐことが目的なのか
❷そのために何時間費やすことを考えているのか
❸何を自身の競争優位性とするのか
ですかね。

稼ぐということは、甘いことではないので、
何をするにも、それなりの労働消費が強いられます。

❶、❷、❸を整理した時に、自分が取るべき選択肢は、
見えてくると思います。

今の労働効率性を大雑把に計算してみる

上記❶、❷を考える時に、役立つと思いますが、
本業の労働効率性はどんなもんでしょうか?

細かいことは考慮せず、簡単に計算してみてください。

労働効率性(円/時間)=年収(円) ÷ 労働時間(時間)

例えば、年収400万円の人が、
月の労働時間を平均160時間、
月の残業時間を平均30時間、とした場合、
年間の総労働時間は、2,280時間。

労働効率性は、

400万円 ÷ 2,280時間=1,754円/時間

になりますね!

本業でこのくらいです。

ここに副業に充てる時間、
見込める年収を加えてみるとどうなるでしょうか?

単純に、あと、100万円くらいの収入がほしいなって、
思った場合、何時間労働する時間が必要でしょうか?

100万円 ÷ 1,754円/時間 ≒ 570時間

これって、単純に、月当たりに直す(12で割る)と、
47時間ほどになります。

毎月30時間の残業に加えて47時間の残業、
もしくは、平均8回ある土日のうち、6日間は8時間労働する、
ことになりますよね。。。つらい・・・

本業の労働効率を取り入れても、
こんな感じなので、
適切な目標設定と、時間管理が必要になってきますよね。

ただ、あくまでも、労働効率が同じ、という想定ですので、
その労働効率を高められれば、話は変わってきます。

ちょっと長くなってしまったので、
次回、労働効率を高める❸自身の競争優位性、”スキル”について、
記事にしようと思います。

有栖ケンタ

コメント