クレジットカード のおすすめは? ~見栄と現実~

クレジットカード
クレジットカード

クレジットカード 、今では、必需品となっていますよね。

皆さんはどんな考え方で所有していますか?

 

この投稿では、サラリーマンが持つべきクレジットカードを、

見栄 と 現実 視点で整理しようと思います。

 

最強サラリーマンになるには、見栄だって重要ですからねw

 

クレジットカードの根本的な考え方

クレジットカード って、そもそもなんで持っているのでしょう?

持っている意義と、使用前に考えておくべきことを整理しておきます。

 

クレジットカード の意義

通常、クレジットカードは、使用した日時で、

お金が出ていくわけではなく、翌月の〇〇日に銀行引き落とし、

となっている場合が多いかと思います。

 

このことは、ファイナンスの考え方からして、

非常に”得”になります。

 

ファイナンスでは、

現在価値(Present Value)

将来価値(Future Value)

というものがあります。

 

今100万円あげると言われた場合と、

10年後に100万円あげると言われた場合、

あなたならどちらを選びますか?

 

そう、前者の、今、ですよね。

なぜでしょう?

なんとなくですが、今もらえば、10年で100万円以上に増やせるかもしれない、

という感覚ありませんか?

 

そうなんです、現在の100万円は、将来の120万円とか、200万円とか、

価値が増えるという考え方があり、その前提になっているのが、

投資・運用です。

元本があれば、貯金でもいいのですが、年利〇〇%と、利息を得て、

元本を増やすことができます。

 

これを逆に解釈すると、クレジットカードは、投資・運用なしで、

支払を1~2カ月留保してくれることになり、

例えば、10万円の買い物をした場合、

今、10万円を支払うのでなく、

1~2カ月後に、10万円を支払うことになります。

 

うまく運用している人であれば、年利5~10%は実現できるかもしれません。

そうすると、2カ月で、約1~2%は、支払元本は上がる可能性があるのに、

つまり、先の例では、10.1~10.2万円の支払いが発生してもおかしくないのに、

10万円で済むことになります。

 

違う観点でいえば、10万円の支払いを1~2カ月待ってもらう間に、

12万円に増やして、10万円だけ支払うということも可能になります。

 

ということで、現金支払いは、遅くなればなるほど、意義が出てきます。

 

それがうまく制度化されたものが、「クレジットカード」です。

 

所有するだけで、相当の意味があるとも言えますね!!

 

使用前に考えておくこと

この考え方に基づくと、支払を遅らせることがすべてよく見えますが、

支払を遅らせること自体にコストがかかっては、いけません。

 

リボ払い、これには注意しなくてはなりません。

使いようによっては、とても便利なのですが、

ここで高い金利を支払うようであれば、

クレジットカードでの支払い自体が、その金利を回収できるかどうか、

疑問になってきます。

”将来価値・現在価値と、コストとのバランス”をしっかり考えて、

それに見合う場合のみ、リボ払いを使う、ことが最良の選択に思えます。

 

リボ払い設定で、年会費が安くなる、ということもあるので、

その場合は、メリット分として、考慮して、計算することをおすすめします。

 

最強サラリーマンのクレジットカード

サラリーマンが最強になるためには、いくつも条件はありますが、(どこかでまとめますねw)

見栄と現実の両方が必要だと、個人的には考えています。

 

見栄 としてのクレジットカード

ステータスカード です。いわゆる。

なぜ見栄としてのクレジットカードが必要かというと、

”気持ち”の面です。

 

最強サラリーマンは、お金の面だけでなく、そのライフスタイルにも、

”自信”をところどころに持つことが重要だと考えます。

自信があると、気持ち面で少しだけ強くなれますw

(それが見栄であってもw)

 

では、そんなクレジットカードでおすすめなのは、何でしょうか?

ズバリ、これです。

Luxury Card

理由は、これです。

①かっこいい!(金属製カードで重厚感あり)

②コンシェルジュが使える

③ダイニングサービスが得られる

④海外保険・出張時の荷物宅配など充実

⑤Priority Passが無料

⑥映画が月1回無料

詳細レビュー記事は、次回書きますね!

 

なんといっても、かっこいいんです!

よく海外に出張する際、

特に欧米では、”Wow!! Cool!!”がかなりの確率で聞けますw

国内でも、”重いですね~””初めて見ました~”とか、

色んなところで言われますw

嬉しくないですか?

 

いいんです、ちょっとした優越感、それだけです。

 

もちろん、カード種類によって、年会費が高額になるので、

本当に持つ価値があるかどうかは、

各人のライフスタイルに帰属します。

 

メリットもいっぱいありますし、

ちょっとした優越感がほしいという方には、超絶おすすめです!!

 

現実的なクレジットカード

一方、このクレジットカードは、誰でも持ってもいいのでは?

持つべきなのでは?と思える、ほんとーに最強カードです。

 

それが、これです。

Poneカード

なぜ最強か?

ほぼすべての支払いが、1%OFFになるから、です!

 

最初に見つけた時は驚愕しました。

 

公共料金、携帯料金、国民年金など、ほとんどすべての支払いが、

1%OFF!!

※一部、ETCや電子マネーチャージは対象外です。

すごくないですか?

 

年会費無料 のStandardカードであれば、ポイントはつきません。

でも、それでも、最強と言えます。

 

どういう観点で最強か、というと、

このカードは、

”支出を減らしてくれる”

カードになるからです。

 

上述したように、支払を遅らせてくれるという意味で、

本来は、支払額は増えても不思議ではないところを、

マイナス1%で決済ができるのです!

 

これはもう画期的です!!

 

高ポイント還元×キャッシュバックも広義では、同様の仕組みですが、

高ポイント還元という仕組みは、

買い物を誘発する性質をもっているところが大きく違うと、筆者は考えています。

 

例えば、あと50ポイントでキャッシュバックができる、買っちゃえとか、

どうせいい還元率でキャッシュバックされるから、という感じで、

決済判断が緩む恐れがあると考えています。

買い物と同時に、ポイントが得られる!お得だ!といった考えがどこかにある場合、

必要以上に、買い物を誘発してしまい、トータルで見た時に、

抑えられるべきコストも抑えきれない、ということになりかねません。

 

もちろん、自分に厳しく、徹底的に管理してやる!!という方は、

高ポイント還元で、全く問題ないと思いますよ!

 

ただ、自分もそうなのですが、たまにめんどくさくなることがあるような人は、

マイナス1%で決済されるという仕組みを取り入れて、

そもそも減額された買い物ができる状況を取り込むということを、

考えてみてはいかがでしょうか?

 

私自身、すべての生活ベース費用は、このカードで支払っていますw

 

長くなってしまいましたが、実際のレビューや、

クレジットカード所有構成とか、別記事で公開していきますね!

 

多少ずぼらでも、最強サラリーマンになる仕組みを作っていきたいですね!!!

 

有栖ケンタ

 

コメント